■サイトマップ

2011年11月の投稿一覧

キッチンリフォームとは

香川でキッチンリフォームをするのなら、掃除がしやすく、作業効率のいい使い勝手のいいようにリフォームしたいものです。

キッチンは油よごれや水垢など他の場所に比べると掃除に時間がかかる場所です。

時間がたてばたつほど、汚れが蓄積され落ちにくくなってしまいます。

そんな時に、汚れが落ちやすい素材なら掃除の手間を省くことが出来るのです。

汚れが落ちやすい素材は表面がタイルの場合です。

また、色が茶色や黒のだと汚れが目立ちにくいです。

素材や色などで、快適なキッチンにリフォームすることが出来ます。

キッチンは、毎日料理をする人にとって、とても密着した空間になっています。

居心地がよく、快適な空間にするためにも、何を求めるかでリフォーム方法が変わります。

どんな感じにリフォームしたいのか、要望を伝えて香川のリフォーム業者を選びましょう。

香川でもさまざまなスタイルのものが発売されていて、部屋の間取りや家族構成などでタイプ・スタイルを選ぶことが出来ます。

香川に住みながら自分の要望・建物にあったスタイルを組み合わせて、ライフスタイルにあったものを選びたいものです。

キッチンスタイルとは、部屋の間取りに対して設置する方法で、独立型・オープン型・セミオープン型があります。

キッチンタイプとは、ユニットの形のことでアイランド型・壁付型・ペニンシュラ型などがあります。

香川に住みながらこだわりのキッチンで料理することをもっと楽しくしていきたいですね。

トレンドが求められる服飾・雑貨ショップの店舗リフォーム

服飾・雑貨ショップは、どんなブランドなのかコンセプトが伝わる店舗デザインが求められます。

トレンドの発信地ですから、リフォームするなら目新しさを追求していくことが大切です。

香川の服飾・雑貨ショップからも、こだわりある店舗が伝わってきます。

香川県高松市は洗練された店舗が多く、香川の中心部を離れると可愛い印象の服飾・雑貨ショップが点々と立ち並んでいます。

店舗リフォームのポイントとして、「非日常的」は好まれやすい傾向があります。

香川と言えば、直島も人気ですよね。

古民家をリフォームしてアートとして表現した所もあり、目新しいアート達は香川県外からも好評です。

このような、日常から離れたデザインは人の心に残ります。

店舗デザインの面白さは、そこにあると思います。

服飾・雑貨ショップはシーズンやアイテムによって店内全体のレイアウトを日々変えています。

そのため、什器デザインは気を配らなければなりません。

什器が決まることによって、やっと空間デザインが成り立ちます。

ディスプレイで使用していた小物などは、店舗リフォームと一緒にリメイクして使い回すとコストを抑えられます。

ブランドのイメージカラーが変わったのなら塗り替えするだけでも再利用できます。

イメージを空間で表現するのはとても難しいことです。

服飾・雑貨ショップに関しては、「このお店の空間が好きだから商品も買いたくなる」と思う方が多いです。

リフォームしてイメージを実現化できてこそ、初めてお客さんの心を掴めるでしょう。

香川県のリフォーム・子ども部屋

近年、スタイリッシュな洋風のお宅が香川県でもたくさん見かけられるようになりました。

洋風の家が増えたのは、戦後になってから、夫婦が友働きする時代になり機能的でゆとりある生活を求めるようになったのです。

しかし、やっぱり落ち着く和室の暮らしです。

一部屋で食事をし、お茶を飲むリビングとなり、時には応接間となり、又は寝室となり、多目的に使えるのは、和室ならではの事です。

それに、何より畳の上でゴロンと寝そべって開放感にひたれるのはたまりません。

香川県に住む人の中にも、機能美がふんだんに盛り込まれた和室にリフォームしようとするも多くいます。

でも、いざリフォームを考える時、まず何を考えるでしょう。

まず、畳です。
最近は、通常の畳の他に、カラー畳や琉球畳という縁の畳に注目が集まっています。

いずれにしても、通常の畳サイズとは違ってくるので、誂えで少し高めになります。

次に、障子や襖ですが、全体のイメージを決める大切な要素ですので、デザインはじっくり選びましょう。

基本的に内障子になりますので、光を上手に取り込めるような和紙のロールスクリーンも活用するといいでしょう。

和室の収納として押入れが基本といわれますが、クローゼットにしてすっきり見せることができます。

和室のリフォームで香川県の工務店や業者に、依頼が増えてきている要望が縁側です。

小さい頃、縁側で陽だまりのなかで、心地よい時間を過ごした経験をお持ちの方もいるでしょう。

空間を最も左右するマンションのリビングダイニングリフォーム

人が家で一番長く過ごし、快適な時間を送りたいと考える場所は、リビングです。

香川のリフォーム会社では、リビングダイニングに一体化させた事例が多く見られます。

マンションの限られたスペースで、より広く見せるにはリビングダイニングがとても重要になっていきます。

壁を無くせば広くなるのはもちろんのことですが、コンクリートなど壁素材によっては取り壊せないケースも少なくありません。

香川のマンションを見ていると、ダイニングとリビングの間に可動式間仕切りドアがある物件も見られます。

この可動式間仕切りドアを閉める機会は少ない方は、可動式間仕切りドアを取り外すだけでも開放的なリビングダイニングに変わります。

和室をなくしてフローリングのリビングダイニングにリフォームした香川の中古マンション事例もあります。

香川の和室があるマンションは比較的割安に手に入るので、リフォームしてフローリングに変えたいと思う方も少なくありませんが、必ずしもリフォームできるとは限りません。

マンション リフォームをお考えなら戸建住宅と違い、規約の問題もありますから事前に伝えて管理会社の承認を得て契約することをお忘れなく。

和室を好まない方も多いですが、香川の景色によく合う空間を作れる魅力もあります。

ごろんと寝転がってお昼寝すると柔らかくて気持ちいいのも、フローリングでは味わえない畳の特長です。

最近では和モダンというインテリアデザインも人気を集めていますから、雑誌などでイメージしてみるのも良いですよ。

トイレの住宅リフォーム

トイレは一日に何度も使用する場所です。

築年数が古い住宅では、床がタイル張りのトイレが多く、特に冬はタイル張りのせいで足元が冷えて憂鬱に感じますよね。

香川の住宅では、トイレをリフォームをされている事例が多く見られます。

タイル張りからフローリングにリフォームするだけでもトイレ内の空雰囲気は変わりますが、一緒に便器を暖房・温水洗浄便器に替えるのもおすすめです。

香川県のトイレは、まだ和式便器を使用しているの住宅も古民家では少なくありません。

香川の海沿い地域は冷えやすい上、和式便器は高齢者の体に負担がかかりますから、快適な住宅リフォームをすることが大切です。

暖房・温水洗浄便器にすることで、ぽかぽかしてトイレが快適になるのはもちろん、洗浄機能も優れている機種が多く、お掃除がラクになります。

気になるのは、電気代ですよね。

「暖かい」から「ぬるい」程度に温度調整を行うなど、工夫を凝らして節約すれば月々数百円しかかからないものなのです。

機種によって差がありますから、何社か比較してみましょう。

香川の事例では、元々広いトイレをバリアフリー化した住宅リフォームもあります。

トイレの広さを有効活用して、トイレ用品を全て収納できる棚付き手洗いカウンターを設けることもできます。

高齢者が住んでいないご家庭でも、将来の事を考えて段差をなくすなど、ユニバーサルデザインにリフォームしておくのもおすすめです。

最近のコメント

    カテゴリー

    ▲Pagetop

    お問い合わせはこちら

    成友株式会社
    香川建設業知事許可(般-23)第6351号
    香川県高松市春日町431-34
    TEL.
    0120-931-057

    香川の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


    香川県でリフォーム、新築、リノベーションなど住まいに関するご相談は弊社へお任せください!

    © 香川 リフォーム成友株式会社 All Rights Reserved.